2005年04月12日

ビッグ・フィッシュ

BIG FISH
監督 Tim Burton

 ユアン・マクレガー主演(といっていいものか?)だし、感動作ということなので、劇場公開中に観ようと思いながら、見逃した作品

 最初はちゃちなお伽話をえんえん聞かされて、ものすごく退屈。何度途中で見るの止めようかと思ったことか

 以下ネタバレ

 付加価値をつけて話をおおきく面白くしようとする父親に、子供の頃から聞かされてきた父の虚栄の冒険譚に辟易し、本当のことを知りたいと願う息子。この二人の絆を描くストーリーなのだけど、それがわかるのは本当に最後の最後
 まず冒頭のほうで、魔女に会いに行く父の幼き頃の冒険が語られるが、実はこれがラストのキーになるとはちょっと思いつかなかった。自分ちょっと頭弱いな、とか思ってしまったくらい、伏線がいっぱい張られていたはずなのに...でもあのラストは正直うまいな、と感じた。ちょっと涙腺緩みかけましたよ

 まず魔女に自分の死ぬときの姿を教えてもらうが、そのあとの空想の冒険の中で危険な目にあうたびに「違う、これは僕が見た死に方ではない」というメッセージが与えられ、何度も危機を回避していく。それほどに父の死に方というのは、この映画を通してキーとなってくる
 そしてラスト、本当に病床の父が病院で死ぬ間際に、同じメッセージを発し、そばにいる息子に魔女に見せてもらった死に方を話してくれと願う。息子はその話だけは聞いてないんだと困惑しつつ、一番嫌っていた父の虚栄癖を真似て、親父発信のお伽話ではなく、息子自らが話を作っていくという件になるのですが...ぶっちゃけ正直ちょっと首を上に上げて、涙がこぼれるのを防いだりしてました

 そうして、父親の葬式の参列者の中にお伽話のなかでしか語られなかった人たちを、息子たちが目の当たりにする。父親にとっての現実(家族)と空想(家族以外)が一つになる瞬間が設けられる
 空想の中の人たちはもちろん、自分の背丈の倍もあるような巨人だったり、胴から上が二人で足は一人分しかないような双子ではなく、通常よりも背丈のある人だし普通の双子なんだけれど。息子にとっても全てがウソではないんだと知る機会になるし、観客もくだらない空想が、実はさらにくだらないかもしれない現実よりは面白いんだと気づかされることになる

 2時間映画のラスト30分切ってるんじゃないかというところまで延々と我慢させられるが、以上2点の感動と主題を味わうためにも必要な我慢です。オススメ
posted by なす at 02:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレアウィッチ・プロジェクト

The Blair Witch Project
監督 Daniel Myrick & Eduardo Sanchez

 今更ながらというか、ようやく観ました。何度DVDを借りつつ観ずに返したことか...

 ブレアウィッチ伝説のドキュメンタリーをとっていた学生三人が森で行方不明になり、その後見つかった彼らが録画していたものを編集したという設定の異色の映画。真実味をもたせる意味ではうまい設定だし、なんでも役者たちもきちんとした台本ではなく、おおまかなシーンがあって、そこで役者任せの演技をさせていたとか
 目線は学生三人が回しているカメラ目線で手ブレとかもあり、とことん真実味をもたせる演出にこだわっていて、その点では今でも新鮮味があります。ただ観客にそれが恐怖に繋がるかというと、ちょっと疑問。ドキュメンタリーとして信じ込めれば、確かに怖い。作り物としてではなく、本当にあったこととして普通にTVで特番として、これが報じられていたらめちゃめちゃ怖い話でしょう

 ただ恐怖を与えようとする演出としては弱いし、また真実味を追求するという点でも、あそこまで追い詰められてカメラを回そうとするヘザーの心理が飲みこめず、不満が残った
 ラストもいまいち不明だし。あの状況下で深夜(?)に今まで見たこともない家が出てきて、仲間の声がするからと、部屋の中を駆けずり回れるものなのかしら。狂った?

 ちなみにDVDのケースか何かに、鑑賞後気分が悪くなることがある、というような注意書きが書いてあって、最近目が疲れやすく、しかも乗り物酔いしやすい僕としてはちょっと不安があったけど、とりあえず大丈夫でした
posted by なす at 01:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ZONE FINAL in 日本武道館

…(*´д`)はぁ…
 すげぇ疲れました。ZONEのライブ観られるのはこれで最後だし、たぶんここ数年で最もハジけていたかもしれません
 というかZONEライブは4回目だけど、ここまで会場全体で盛り上がったのを見るのは始めてかも。
「ゾーォン」コールとか凄かったし。自分の前の人が必死で語尾にアクセントをつけないコールで対抗していたのがちょっと面白かったです。自分もそれに倣わせていただきましたが
 それになんか今までとは客層違うし。中高生と大きなお友達っぽい人が多いのはいつもなんだけど、もう少し幅広く、親子連れとか壮年の夫婦がいたり、結構いろんな層で愛されていたバンドなんだと実感

 曲順とかはNHKホールと(たぶん)同じだし、一人一人の挨拶も所々違うけどだいたい一緒のこと言ってたような。でも感情の入り方が違うんだろうね。NHKのときは話す前から泣いてたのMAIKOだけだったけど、全員が話すの辛そうでした
 しかしラスト、扉の向こうに消えていく4人を見て、ホントにこれで終わりなんだとは実感しましね。扉の先のことはこれから考えていくんだろうけど、とりあえずお疲れ様でした

#あとMAIKOって結構人気あったんすね。一番人気?

#しかし武道館帰りは毎度面倒ですな。駅がめっちゃ込む
#結局2k投資して駅の混雑を回避して新宿まで…経費で落とします
posted by なす at 23:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

走れメルス その2

WOWOWでやっていたのをTV観劇しました。
 実際の舞台は30分遅刻だったので、零子が何者なのかがわかってとりあえずすっきり。

 TVでやってる舞台芝居はあまり見る気がしないんだけど、一度観ているものだからか、案外すんなりと観られました。なんか普通にドラマを見ているような感覚で観てました。しかしTVだとカメラワークがあるから、また違った面白さがありますね。食わず嫌いだったかな。
posted by なす at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZONE SPRING TOUR 2005 改めZONE卒業コンサート

NHKホール行ってきました。卒業コンサートです。めっちゃ残念ですわ。

 そもそもZONEは半分ネタでモーヲタの友達に、ZONEのほうがええねん。って言っていたのが始まり。2002年にそのネタの続きでライブにいってみて本格的にファンになってしまったわけです。

 しかしZONEはホントいい曲が多いですよ。ちなみに僕は音楽は好きだけど、歌詞の内容にはまったくもって興味がなくて、歌い手が情緒をつけるためだけに歌詞の内容は存在するって言い切ってました。
 でも町田紀彦氏の歌詞はZONEにとっては、とても意味のある内容だったんだなとは思わされたんですよ。まあ自分にとっては、いい歌詞だとは思っても、それこそがZONEの価値を、ましてや音楽の価値を決めるとは思ってないわけですが。。。

 ただ、さっき言った情緒付けというのに関係するのかもしれないけど、ZONEがZONEとして若さと元気を振りまいてくれる源として歌詞があったような、と今回のライブでしみじみと感じてました。
 遅刻して入ったこともあって(最近こういうのばっかり...)、途中まではまったり聴いてたんですが、後半戦はとりあえず体動かしておきました。またもや筋肉痛...1曲聴き終わるたびに、なんか解散するのが信じられなくて、4/1の武道館でドッキリでした、みたいなことにならないかななどというありえない妄想をしてみたり。高校卒業してこれから音楽活動に専念できるというときに、それぞれがZONEとして活動していないなんて、ホント早すぎる解散で残念です。
 ただ武道館も行ってこようとは思ってるんで、今回メンバーが一人ずつコメントしているときは、1ファンとしてお疲れ様と思いつつも、ちょっと白けた気分で眺めていたり...ごめんなさい。

#しかし結局、アルバムは4枚で終了ですか、そうですか。『Z』『O』とアルバムが出たときに、5枚目以降のアルバムタイトルをどうするんだろう、とか思っていたのが懐かしいです
#ちなみに3枚目が『N』で、来月発売のシングル集が『E』ということで。

 
posted by なす at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

蛇よ!

作・演出:松尾スズキ
スパイラルホール

3/20の夜に行ってまいりました。
 4編の芝居と幕間毎にショートムービーが入るオムニバス構成で、二人芝居という性格によるものなのか、ずっとコントを見ているみたいな感覚でした。というか、劇を見に行っているという意識がなければ、ただ笑わせてもらいに出かけたような、それだけでも十分に魅せられる芝居でした。

 役者は常に同じにも関わらず、油断すると各編で違う役者であるかのような錯覚を覚えました。自分同じ俳優が出てくる異なる映像を続けて見ると、前の役柄のイメージが抜けきれなくて、2本目の役柄に違和感を感じることが多くあるんですが。。。まあ続けて見る必要性は全くなくて、ある作品のイメージが強すぎると、他の作品でもそのイメージを投影してしまう役者さんとかいませんか?
 これが映像と舞台の違いによるものなのか、大竹しのぶさんという役者の凄さなのかは判然としないんですけど、あれだけ強烈な個性の役をやりながら即座に違う役を、観ている側に意識せずに没入させるのはすごいな、と思いますね。間にショートムービーを入れて息をつかせる演出ありきなんでしょうけど、数分前と同じ人だとは意識させない凄さ。ちょっとうまく説明できないですけど。

 余談ながら、蛇、というと大地母神、太陽信仰に敵対する土着の神々、めぐるめくもの、DNA、輪廻(ハインライン...)とかが思い浮かぶんですが、いまいち芝居の内容とはどれもピンと来るものがないんですよね...
posted by なす at 02:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

東京スカパラダイスオーケストラ Autumn-Winter Tour 2004

 1/29NKホールに行ってきました。追加公演だったらしいけど、そんなことさえ知らずに出向いてまいりました。ガキの頃ミュージカルかなにかを親に連れられていったことがあるような、ないような・・・自分にとって遠くて近い場所がNKホールなのです・・・いや、文化会館とかのぞけば、この手の会場では実家から一番近いところなもので。建物自体はたまに眺めることもあったけど、中の記憶はなくて、初っ端からオペラでも観にいっているかのような気分にさせてもらいました

 さて、オペラ観劇(チガウ;´д`)にも関わらずクロークにかばんと上着、ついでにセーターとシャツまで預けて、Tシャツ一枚になったところで、いざ出撃。今回はAブロックということでちょっと気合をいれてみたもののタオルを忘れました( ̄□ ̄;)
 まあ、そんなことも気にせず踊りまくりでした。スカパラの曲ってあまりしらないけど耳にしたことある曲が多かったので、あんま意識しなくても体が揺られて気持ちよかったッス。
 未だにヒザ周りの筋肉が張ってるし膝が痛いんですが、まあ次の日は買い物であちこち出歩いたし、それを含めた余韻ツーことで、寄る年波からの現実逃避をしておきませうか


 
posted by なす at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

ターミナル

書き溜めまくり...

心温まる話です。ああいう終わり方は小気味よくて結構好きです。挿話がてんこもりなんだけど、たぶん全てがターミナルという言葉に集約されるんでしょう。

と適当なことを言った手前、terminalで辞書引いたら、絶望的な、死に至る なんて意味もある模様。どう穿ってみたらそこまで結びつくのか疑問だけど。

#待合所くらいな意味で考えてたんだけど、まあいいか
#って無責任だな
posted by なす at 02:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野・熊野・高野の名宝

世田谷美術館にて

高野山を5時間くらいかけて登ったのを思い出しました。アレ以来、ヒザがおかしいんだけど、それはおいておいて、一度は吉野、熊野には行ってみたいです。できれば自分の足で大峯奥駈道歩きたい。そんな時間はなかなかとれないので、こういう展覧会は貴重です。色々勉強にはなりました

  • 蔵王権現の本地仏は弥勒菩薩らしいです
  • 役行者が桜で蔵王権現を刻んだことから、吉野では桜が神木とされて寄進されてきたこととか
  • 道成寺の北向観音の中から千手観音がでてきたとか
  • 弘法大師の坐像に履物が揃えてあることとか

    ふぅー。吉野の桜くらいはせめてみておきたいなぁ
  • posted by なす at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ハウルの動く城

    年明け休み中に行ってきました

    とりあえず、気になってたのは木村拓哉の声だったんですが、うまいです。声高になるといかにもキムタクな声になるんだけど、トーンを抑えていると気づかないくらい。

    勝手に、ソフィーを挟んでの荒地の魔女とハウルの戦いの物語かと思い込んでいただけに、荒地の魔女がああいう形で感情移入しやすいキャラ側に回ってくるのは意外だった。敵/味方という二元的な捉え方を先入観としてもって観てたから、サリマン先生と表に出てこない国家が敵という立場なのかな、と思ってたけど、完全に勘違い...結局動く城を中心とした狭い世界での見方の再構築が必要。

    ちなみに美術がよかったです。BGオンリーカットが結構あってミセテクレマス。というか、動く城が美術が動いているようにしか見えないんですが、あれはCGなんでしょうか、というかCGなんでしょうけど。

    とりあえず老々介護と犬は印象に残りました
    posted by なす at 02:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。