2005年05月30日

アール・デコ展-きらめくモダンの夢

ART DECO 1910-1939
東京都美術館

 アールデコって美術やデザインにおける一時代の様式だと、ずっと思っていたけど、20世紀前半2つの大戦の間の文化なのね。
 アールデコって言えば、幾何学模様、ヴィヴィッドな色使い、コントラストのはっきりした色彩、というイメージだったけど、様々なものを吸収して展開されて、現代へも影響を及ぼしているということを学びましたよ。
 ピエール・シャローの書斎机とか「修道女」と銘打たれたスタンドとかめちゃくちゃ欲しい。

 最初のほうにアナトール・フランスの「バルタザール」の装丁が展示してあって、考えたら芥川龍之介とかがリアルに見ていた欧米の芸術が、ちょうどアールデコにあたるんだな、なんてことを思いつつ観てると面白いです。明治大正期の小説ずきなんで、そういう見方もできて、いろんなことを収穫できた展覧会でした。

 ちょうど上野では、他にも注目度の高い展覧会が開かれてたので、駅前から文化会館辺りは結構人が多くて、混んでたらイヤだなとは思っていたけど、会場はそんなに人も多くないし、ゆっくりみれてよかったです。
 でも宝石類は混んでた。逆に東京都美術館で一番メインはりやすい階段脇は空いてるけど別に見ごたえのあるものではなかった。小休止する場所として機能していた?
posted by なす at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

WE ARE AIRSIDE

 Lemon Jelly の片割れ Fred Deakinが運営するデザイン事務所で、Lemon Jelly のアートワークを担当している AIRSIDE の展覧会に昨日(4/10)行ってきました

 代官山は久々ですが、あんなところにギャラリーがあるのは始めて知りました。というか展覧会という割には微妙な規模で展示物は3つほど。BGMはもちろん Lemon Jelly で、展示物の前の所定の位置に立つと、打ちっぱなしのコンクリートに投影された映像が動き出したり、曲が流れたりする趣向。ものは面白いけど、ただそれだけです。5〜10分くらいいただけ
 敷地の半分くらいはTシャツとかの売り物なんですが、そちらもそれほど興味のあるものはありませんでした。もう少し何かあるかと期待していたので、なんか拍子抜け

 仕方ないので帰りは、目黒川沿いの桜を見て帰りました。風がけっこうあったけど、すごいいい天気だったし、逆に風のおかげでさくら吹雪が凄くて、そちらは壮観でした。

#なんか普通の日記だ
posted by なす at 03:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

吉野・熊野・高野の名宝

世田谷美術館にて

高野山を5時間くらいかけて登ったのを思い出しました。アレ以来、ヒザがおかしいんだけど、それはおいておいて、一度は吉野、熊野には行ってみたいです。できれば自分の足で大峯奥駈道歩きたい。そんな時間はなかなかとれないので、こういう展覧会は貴重です。色々勉強にはなりました

  • 蔵王権現の本地仏は弥勒菩薩らしいです
  • 役行者が桜で蔵王権現を刻んだことから、吉野では桜が神木とされて寄進されてきたこととか
  • 道成寺の北向観音の中から千手観音がでてきたとか
  • 弘法大師の坐像に履物が揃えてあることとか

    ふぅー。吉野の桜くらいはせめてみておきたいなぁ
  • posted by なす at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2004年10月13日

    エルミタージュ美術館展

    別に行くつもりはなかったけど、チケットが余ってるということなので行ってみました。
    大々的に宣伝されている展覧会の人の多さには辟易した。入るだけで30分。これでチケットを持ってなかったらもう30分並ぶところだよ。
    中はいってからも人ばっかりだし。結局でるまで2時間かかったりとにかく疲れました。

    印象としては美術館展というよりエカテリーナ2世と当時のサンクトペテルブルクの歴史をその栄華を物語っていく歴史博物館のような...ツタンカーメン展とかそういうのに似てるかな。

    そんな中でも見るべきものは観てきました

  • サンクトペテルブルクの都市計画
  • エカテリーナ2世の治世の神格化

     色々と想像を巡らせてくれる2枚です。地図の右上に当時の知性の象徴がごちゃごちゃとあるんだけど、その中に生首が落ちてるのが印象的。あれはなんなんだろう。あと単純だけど五稜郭を思い出すよね
     神格化は色々と見ていて飽きない1枚。瓶からの水の流れを眺めているだけでもその色遣いや立体感の作り方とか勉強になりました

  • Wedgwoodのカエル紋章入りの陶磁器

     ただWedgwoodに対する興味から。カエル紋章はホント変わっていて貴重なものを見せてもらった気分

  • カルロ・ドルチ「聖チェチーリア」
  • (題忘れ)孫だか子だかの肖像画

     最後のはかわいらしい少年の肖像。肖像画だしメインの人物ではないので、あまり気に留められていなかったけどホント可愛いです。人名忘れちゃったのはいたいな
  • posted by なす at 02:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。