2005年09月12日

ニュースの天才

Shattered Glass
監督:Billy Ray

 ちょっと僕自身が精神的によろしくない感じだったので、アクション映画でも観て上げるつもりが、何故だかこのタイトルを手にとってました。別にスターウォーズ絡みでアクション映画と勘違いしたとかじゃないんですけどね(当たり前か)。

 あんまこの映画のことを知らずに理由なく借りたけど、すごく面白かったです。まぁスティーブンの態度にはイライラさせられるんだけど、彼がウソをウソで固めてみたり、その一部を「ミス」として認めていくところとか、ウソを暴かざるを得ない立場にある編集長を悪者に仕立て上げたりと、他人事じゃないです。
 僕はジャーナリズムに関わってないし、別に仕事上公明でないことはしてないつもりだけど、自分の過去の仕事を思い起こしながら反面教師として観てました。スティーブンの立場、編集長の立場の両方で興味深い作品です。

 ただスティーブンが24歳にしては幼すぎる気がする。実話を元にしているという事だけど、謝れば許されるとか、僕を守ってよっていうのはどうかと思うんだけど。あれは演出だよね?
posted by なす at 02:02| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBどもでした。
嘘をつく人の心理ってのが垣間見れて、
こういうのはこういうので面白いですよね。

私は年齢とかは気にならなかったかな?
ここまで極端なのはともかく、この手の人って
世の中にはたまに居るもんだよなぁと思ったり。
Posted by GMN at 2005年09月13日 01:46
>GMN様
コメントありがとうございます。
 スティーブンをよい人間として撮ってないから、
余計に年齢とのギャップを感じたのかもしれない
ですねー。確かに多少そういう傾向の人はたまに
見かけますしね。


Posted by なす at 2005年09月24日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6820520

この記事へのトラックバック

ニュースの天才
Excerpt: 原題:Shattered Glass 監督:ビリー・レイ 映画 米・カナダ 03
Weblog: TRUTH?ブログエリア
Tracked: 2005-09-13 01:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。