2005年08月09日

es

es
監督:OLIVER HIRSCHBIEGEL

 めちゃくちゃ怖い…。映像とか関係なくただただストーリーに引き込まれました・・・
 最初は緩い感じで始まるんだけど、実験が始まってからはどんどんエスカレートしてくる看守の行動はマジで怖いです。死者とか出るし。
 どちらかというと、囚人の恐れの心理みたいなものを描いたものかと思っていたけど、それはあまり強烈な描き方にはなってなかったように思う。暗室に閉じ込められるタレクのシーンなどは囚人心理の一端なのかもしれないが、それ以上に看守が暴走を始めるという点でものすごく恐怖を感じた。
 一番大人しそうだった看守役のベルスがラストに至ると別人のようになる。大人しそうで真面目なほど信じられないような残酷なことをする、という意味で近年の犯罪事例に近いものがあるのではないかと。その端緒はタレクの「あんた臭いよ」発言なんだろうが、人間何にキレるかわかんないよね・・・その意味でタレクの発言はかなりの功罪だと思う。

 ただラストの一件落着感はどうかと思うんですよね。看守(特にベルス)に感情移入している人はあまりいないと思うんだけど、看守対囚人の構造で見ると囚人の勝利、そしてその後に余韻として続くタレクとドーラのカットを見ていると、最終的にこれはなんだったの?っていう感じが強いです。下手をすると心にわだかまりを残しながらも、すっきりして終わるという偽善的な後味の悪さが味わえます。
 だいたいにしてドーラが出てくる意味わかんないし。たまたま出会って寝ちゃった男と女がなんで最後までこうやって絡み合ってくるんだろうとか。

 ちなみに実際の事件は死者とかは出ていないらしいです。
http://www.prisonexp.org/
posted by なす at 01:15| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(5) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。

暗室に閉じ込めるとこは怖かったですね。
暗闇の中での閉塞感って、精神を破壊
しそうです。

ラストに向けては私も無理やり的な
感じはしました。
Posted by ユカリーヌ(月影の舞) at 2005年08月09日 15:12
コメントありがとうございます。見落としていました・・・すみません。
ラストは映画として面白くするためにあるような気がしますよね。
Posted by なす at 2005年08月20日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5729880

この記事へのトラックバック

es [エス]
Excerpt: es [エス] ?? 2001年/ドイツ ?? 監督:オリバー・ヒルツェビゲル ?? 脚本:マリオ・ジョルダーノ ?? 出演:モーリッツ・ブライブトロイ、クリスチャン・ベルケル     ..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2005-08-09 14:48

es[エス]
Excerpt: 《es[エス]》 2001年 ドイツ映画 - 原題 - DAS EXPERIME
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-08-12 08:41

es
Excerpt: ポニーキャニオン es[エス] 主演 モーリッツ・ブライブトロイ ドイツ映画なんですね。 英語圏の映画をよく見ているので、まずはそこから「へぇー」という感じでした。 ..
Weblog: ベルの映画レビューの部屋
Tracked: 2005-10-01 18:56

esみました
Excerpt: いやぁ おもしろかった sawみたいな映画が好きな人なら間違いなくおもしろいと思う M男とか この映画ツボやと思うけどなぁ リンキンパークがほんとぴったりハマってた もっ
Weblog: ハラキリロマン
Tracked: 2006-02-17 05:10

es[エス]
Excerpt: ポニーキャニオン es[エス] 「es[エス]」と題されたこの映画、1971年に実際にスタンフォード大学で行われた実験を映画化したものです。 実際にあったこの実験は七日間で中..
Weblog: 鑑賞文
Tracked: 2007-04-29 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。