2005年06月27日

KERA・MAP#004 ヤング・マーブル・ジャイアンツ

Young Marble Giants
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
場所:吉祥寺シアター

 演劇を今回のようにふらっと劇場に行って当日券で観るというのは初めてでした。
 会社の近くの劇場なので、一度はそこで芝居を観ようとは思っていたんだけど、それが今日になるとはねぇ・・・って僕の意思のさじ加減一つなんだけどね。

 仕事をしようと会社に行ったものの、時間的に夜の部とかそろそろ当日券販売じゃねー?とふと考えついてシアターをのぞいて見ると、表に人がたまってるし今から一芝居ありそうだという雰囲気が漂ってきまくりです。そしたら居ても立ってもいられず、もう行く気満々。スタッフの人に聞いてみると、並んでる人が当日券待ちらしいし。
 でも並ぶのはイヤだから(だって役者も演出家も知らないし、そんな必死こいて観たくてシアターの前を通った芝居じゃないから、ってどういうテンションなんだか・・・)、開場までの1時間ほど仕事をしてました。それでも当日券が買える予感はしていたものの、ちょっとばかし不安でした。
 不安は半分的中し、立ち見。それも2時間45分の長丁場。でも僕にしてみれば、30分並ぶ位なら3時間弱立ちつづけているほうがましというもの。実際に終わってみればあっという間でした。舞台自体面白かったし、3時間弱座りつづけるほうが、お尻いたくなったりして時間を気にするものなのかもしれませんね!

 っていうか、当日券と前売りの金額が2,000円も離れているのには、ためらいがあったけど、僕の意思はそんなことでは曲げられません!(でも並ぶのはイヤ!)
 実際買ってみると立ち見だからでしょうか、表に書いてある金額より1,000円安く観られました。
http://www.sillywalk.com/nylon/part-time/0505_8.html
#ココ観るとわざと当日券は高くしているらしい。僕は1.5倍の金額でも観れて良かったと思ってる一人です。

 さて内容のお話。35人という大所帯の舞台は初めてで、その人数だからこそできる演出効果がすごく新鮮で面白かったです。
 舞台の右側と左側で別のストーリーが展開するということ自体、舞台慣れしてない僕には興味深いのに、(役の上で)同じ人間が同時に出てきてストーリーを展開するというのは、驚かされました。同じ人間が同時に同じことをしゃべり、同時に同じ動きをするということもあったし、ラストは別の空間別の時間(または別の世界)における同じ人間が同時に別々のことをしゃべりだす。あんなのありえないじゃないですか。あの瞬間背筋がゾクゾクきました。なんか変な汗かいちゃったんですが。
 映像だと画面分割のようなもんでしょうけど、限られた部分だけを見ていればいい映像とは違い、舞台は全景を観ているなんてことはあまりないわけで、スポットライトがあたっているところを目で追っていくのが舞台だと思っているから、舞台上全てでがやがやとやりだされると参ってしまいますね。それがしかも全て同じ人間!男女の組がいくつもでてくるんですが、最後は何組出てきたのか全くわからなくなってしまいました。全員参加だったのでしょうか。
 しかも、それだけの大所帯でやりながら、「赤鬼」のときに新鮮味を感じた一人数役による舞台ならではの効果も使われているところが、上手いですよね。

 さてさてストーリーのお話。ネタバレです。

























 最終的には何が現実で何がお姉さんの仮構だったのか、わからなくなってきた。ラストの姉弟多数出演で、舞台上もぐちゃぐちゃに、頭もぐちゃぐちゃにされた感じ。
 作り話と現実の境界を見せずに、うまくストーリーがすすんでいく面白さがありますね。おかしいだろそれというところが、徐々に作り話のほうに集約されていく。そして最終的には現実側に残っているものが、どれだったのか、ということになる。すごく不思議な感じです。
 あー、どうでもいいけど仮構のフナワとキンギョのコンビめちゃくちゃ面白かったのに、最後は現実側の二人になってしまい残念です。最後まであの二人を観て居たかったなぁ。。。
posted by なす at 01:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。