2005年06月15日

キューブ2

CUBE2
監督:Andrzej Sekula

 今更借りなくてもよかった…orz
 キューブの設定だけは、グレードアップしてるんだけど、はっきり言ってこのタイトルにそんなところは期待しないでしょ。キューブじゃなくてテセラクトだとか、天才ハッカーだとか、巨大軍事メーカが影にちらついたりとか。確かにそういうのを聞くだけでわくわくするんだけど、ただそれだけ。何がやりたかったのかホント不明でした。

 空間のクロスオーバーとか収縮する空間だとか、題材としては面白そうなんだけど、使いこなせていないというか、設定が甘いというか。僕が単にバカなだけかもしれないけど、無意味に理論物理学者だとか量子空間だとか理論上の存在などの言葉を持ち出しているだけで終わっている気がする。
 これだけ複雑味を持たせておきながら 謎の数字「60659」がそんなものだなんて…

 あとミイラがちゃっちい。いくらなんでもひどすぎ。つうか逆にああいうマネキンのほうが怖いのかも(w
posted by なす at 01:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画鑑賞感想文『CUBE』『CUBE 2:HYPERCUBE』『CUBE ZERO』
Excerpt: さるおです。 『CUBE』は1997年に劇場で観たよ。『CUBE 2:HYPERCUBE』『CUBE ZERO』は借りてきて観た。 『1』『2』『0』と書きます(笑)。 『1』の監督・脚本は、『EL..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-05-06 00:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。