2005年05月30日

アール・デコ展-きらめくモダンの夢

ART DECO 1910-1939
東京都美術館

 アールデコって美術やデザインにおける一時代の様式だと、ずっと思っていたけど、20世紀前半2つの大戦の間の文化なのね。
 アールデコって言えば、幾何学模様、ヴィヴィッドな色使い、コントラストのはっきりした色彩、というイメージだったけど、様々なものを吸収して展開されて、現代へも影響を及ぼしているということを学びましたよ。
 ピエール・シャローの書斎机とか「修道女」と銘打たれたスタンドとかめちゃくちゃ欲しい。

 最初のほうにアナトール・フランスの「バルタザール」の装丁が展示してあって、考えたら芥川龍之介とかがリアルに見ていた欧米の芸術が、ちょうどアールデコにあたるんだな、なんてことを思いつつ観てると面白いです。明治大正期の小説ずきなんで、そういう見方もできて、いろんなことを収穫できた展覧会でした。

 ちょうど上野では、他にも注目度の高い展覧会が開かれてたので、駅前から文化会館辺りは結構人が多くて、混んでたらイヤだなとは思っていたけど、会場はそんなに人も多くないし、ゆっくりみれてよかったです。
 でも宝石類は混んでた。逆に東京都美術館で一番メインはりやすい階段脇は空いてるけど別に見ごたえのあるものではなかった。小休止する場所として機能していた?
posted by なす at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3998408

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。