2005年05月15日

GO

GO
監督:行定勲

 在日韓国人の葛藤と恋のお話。世界観にちょっと古臭さを感じるんだが、在日と括られてしまう人に知り合いがいないからか?あと、映像もなんか焼付けがきつくて古びた感じはそこからも受けた。いつもと違うモニタでみていたからかもしれないが。

 最初からしつこく言われるように、結局「恋の話」だから最終的には在日韓国人と日本人が付き合うに当たっての乗り越えるべき壁みたいなものが描かれるんだけど、映画に描かれていたのは、日本人が超えるべき壁ではなくて、「在日」が超えるべき壁を描くことで、「お前ら日本人はどうなんよ?」というものを突きつける構成をとっている。
 そこには恋愛をするにあたってだけではなく、同じ日本に住む韓国国籍の人たちの生活上での葛藤も含まれる。
 こういう構成は、うまく出来ているなと思うんですよ。在日と日本人という二者においては、上下関係(隷従とかそういうきついものではなく、法律的な制限やマイノリティとマジョリティの違いという意味で)が生まれる。上が下へ向くのは施しや憐憫になりがちだけど、それをこの手の映画では全く表現せず、下が上への壁を突き上げることによって、観客としては多いであろうマジョリティ側に対して揺さぶりをかけるっていう構成がね。

 ただなんだろ、恋愛シーンとかいらない?恋愛のための隔たりよりもそれ以外の隔たりを描きすぎていて、マジョリティの代表である彼女の心境とか、窪塚との会話で柴咲コウがどう影響受けたのかは、ほとんど描かれないんで。それだったら無理に青春映画の1シーンとして別に恋愛を含める必要もなかったかなと。いや、お決まりなのはわかりますけど。
 僕は窪塚の役柄って好きなんですよ。人をくったような態度をとりながらも自分の信念は持っていてそれに対してはひたすらに突っ走る、っていうね。その意味で、窪塚自身も力を入れていたというし、クドカン脚本から期待される爽快感みたいなのは得られるんで、それでも十分なんですけど。

以下、台詞の覚え書き

「こういう世界に閉じ込められて自分を見失わないため」
「自分の国の名前の意味も知らないんです。そういう国も珍しいって」
「国境線なんて俺が消してやるよ!」

#そういえば、窪塚が復帰するそうで。復帰を期待していなかっただけにちょっと楽しみです
posted by なす at 15:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3649303

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。