2005年01月18日

ハウルの動く城

年明け休み中に行ってきました

とりあえず、気になってたのは木村拓哉の声だったんですが、うまいです。声高になるといかにもキムタクな声になるんだけど、トーンを抑えていると気づかないくらい。

勝手に、ソフィーを挟んでの荒地の魔女とハウルの戦いの物語かと思い込んでいただけに、荒地の魔女がああいう形で感情移入しやすいキャラ側に回ってくるのは意外だった。敵/味方という二元的な捉え方を先入観としてもって観てたから、サリマン先生と表に出てこない国家が敵という立場なのかな、と思ってたけど、完全に勘違い...結局動く城を中心とした狭い世界での見方の再構築が必要。

ちなみに美術がよかったです。BGオンリーカットが結構あってミセテクレマス。というか、動く城が美術が動いているようにしか見えないんですが、あれはCGなんでしょうか、というかCGなんでしょうけど。

とりあえず老々介護と犬は印象に残りました
posted by なす at 02:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1621512

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。