2004年12月15日

演劇と映像作品の演出の違い

 まとまったら書き直してコレは消すかも

 映像、とくにテレビはそうだが、スケジュールががっちり決まっていて、その上スケジュールが押していることが多いため、演出家は処理屋になることが多い。
 映画やビデオはまだスケジュールを多くとるしクオリティに時間をかけるので、演出家が演出家として仕事ができる場所も多くなるが、それでもスケジュールが決まってから、そのスケジュール上で各カットの演出指示を出していくわけだから、カット単位での演出はどうしても流すところもあるだろうし、全てに納得できることはまずない

 演劇ではカットという単位は存在しない?シーン単位、アクション単位で俳優の動きに注文をつけたり、舞台装置の位置関係とかが演出家としての最小の仕事単位になるんだろうか。そこに時間の制限はあるだろうが、リテイクがしやすいという点ではスケジュールを圧迫しにくいかと思う
 もう一つ、演劇演出はどちらかというと監督的立場になると思うので、全体的な演出を見て演出を評価する(というか僕はそういう見方をしてた)。そういう見方だと映像の演出と舞台演出を同じ観点で見ててはダメかも

 映像は、多くの人が見るせいか、どちらかというと同じ題材を何回もやることは少なく(再放送は抜きで)、またより複雑な題材を選ぶ。舞台は数年、十数年単位ではあっても同じ題材をやるし、演じる時間の制限もあるだろうが比較的簡単な題材が多い(演劇の題材として詳しく知らないだけ、ということもあるだろうが)。そこが演出の力の差?
【関連する記事】
posted by なす at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。