2004年12月06日

イケニエの人

東京公演千秋楽に当日券入手していってきました。
作・演出:松尾スズキ 場所:世田谷パブリックシアター

 久々の三茶。数年前キャロットタワーに月に何度か出向いていたので、世田谷パブリックシアターの存在だけは知っていたのだけど、実際に中に入るのは初めて。つうか、演劇に興味を持ち始める前のことだから、逆にその頃はそこで劇を見る日がくるとは思ってなかったんですが...
 とりあえずあんまり変わってないです。正面(?)の入り口が喫煙から禁煙場所になっていたことくらいか?喫煙者はどんどん肩身が狭くなりますね。まあどうでもいいことですが。

 一応以下ネタバレ含むということで


 当日券ということもあってあまり席的には期待していなかったけれど、そんなに広い劇場でもなくて、見切れるようなところは背面に移っていたモニタくらい。手数先生の写真がきちんと見れなかったのは残念だけど、面白さは伝わりました。
 いや、しかし面白かったです。2時間があっという間でした。序盤、接点のないいくつかのストーリーとハチャメチャな演出と漫才(?)で頭が混乱しているんだけど、後半それらがいつのまにやら結びついているし、話も一応収束していく過程が見れるから、特に頭を使わずに順を追って整理しているうちに、終わっちゃった…っていう感じです。
 ラストはあんま救われないな、という気はするし、周りが拍手はじめてるから「あ、あれで終わりなんだ」という印象は受けたけれど、あんまりそこで立ち止まって考えるような終わりかたでもなかったし、きれいな終わりかたといえるといえるかな。
 今回の作品はあまり評判がよくないらしいけど、松尾スズキも初めてだし、阿部サダヲもクドカンもはじめての僕には、松尾スズキ(やガロ)に対してへのイメージが、視覚的に描出されたことに対して素直に感動してました。でも多くの人が認める松尾スズキらしさを今度は見てみたいな
posted by なす at 01:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1205381

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。