2005年09月04日

容疑者 室井慎次

容疑者 室井慎次
監督:君塚良一

 ネタバレっぽいの含みますので、ご注意を。

 「交渉人 真下正義」のときに真下のご褒美映画かと思っていたというようなことを書いたけど、こっちはまさに室井さん頑張りましたね的な映画でした。ご褒美映画というより、警察権力として室井さんみたいな人間の是非を問う映画なんですけど。
 権力を持つ側の世界を描くというのは、ドラマのネタになりやすいわけだけど、踊るシリーズは元々警察のドラマであり、その中でも今回は主にトップ同士の権力争いを織り込みつつ、弁護士(法律)という別の権力も絡んできて、いささか小説的な作りになっています。派手なアクションとかは一切なく、笑わせる個所も一部だけで、敢えて日本映画っぽさを強調した作品。ネタもそうだしシーンの構成とかがね。
 まぁ「真下正義」とは別の方向でシリーズの可能性を感じました。っていうか踊る〜シリーズじゃなくなっているような気はするけど・・・ただ映画館で見なければならないほどのシーンがほとんどないです。。。
 あとあの女の子は喋らせないほうがよかったような。正直上手くないし、白けました。ただでさえ白けやすいでしょ?あのオチは。それをあの演技では・・・
posted by なす at 03:22| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。