2005年06月13日

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者
監督:富野由悠季

 映画館の前を通りながら、一人でZ見るのもなぁ・・・と悩んでいたところに、1年くらい会ってない友人から電話。出てみるとZガンダム観に行かない?とのお誘い。俺の意思が彼に通じたんでしょうか。自分でも不気味なくらいに、ジャストなタイミングでした。

 ちなみに僕はZを全編通して観たことないです。あと劇場版に対する知識も全くなかったので、最初のうち、なんかノイズが入ってるし、線が太くて今のアニメっぽくないし、なにこれ?って思って観てました。監督/作監が、旧作の雰囲気を継承してわざとやっているのか?と思ったくらい。
 観ていくうちに、明らかにキャラも撮影も雰囲気も変わってるじゃん、というカットに何度か出くわして、ようやくオール新作じゃないのね、と理解してきた次第。

 しかし、キャラの顔が旧作/新作カットでころころ変わるから、レコアさんが地球で囚われているときとか、しばらく誰だかわからなかったですよ、まじで。
 別に旧作カット使うのは、アニメ史に残る作品に対してリスペクトする意味があると思うし、それがマイナスになるとは思わないけどね。カットごとにいかにキャラを似せるかを気にするのがアニメだと思っているんで、こういうサンプリング的なものも演出として効果あるんだなとはミョーに納得してました。

 ただ展開がめちゃめちゃ早いから、今回の劇場版からZを観ようと考えている観客(少なくとも自分)は話がついていけない。そういう観客は相手にされていないのか?Z2までにはDVD借りて全編観ておくしかないのかな。

 しかし後半はアクションシーンでの新作カットが多くて見ごたえがあった。ここんところ、メカのアクションなんてご無沙汰なので、ものすげー面白かった。あんなの誰が描けるんだ?(;´Д`)ノ
 あとキャラではアムロとシャアの邂逅シーンは当然といえば当然のごとく新作。そこも見ものです。
posted by なす at 01:44| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。