2004年10月21日

SWING GIRLS

JAZZ好きの知り合い曰くジャズをバカにしているとか
まぁ僕はジャズに詳しいわけではないので、とりあえず観てきました
青春小説とか青春映画とか、そういうのがここ数年マイブームなので、元々期待度は高いです

ちなみに熱血とかはダメ、ここ数年は受け付けない...スクールウォーズはドラマは好きなんだけど映画のほうは結局観なかったし。爽やかに今時(?)な青春を描いたものが心地よいのです

 で、感想ですが(ネタバレ含みます)、期待通りの前向きで爽やかな青春映画でした。展開がめっさ早くて半ば強引にストーリーが進むんだけど、それをあまり感じさせずに中だるみもなく一気に最後まで観られました
 イノシシに追われるところとか、狙いすぎでは?と思わせる演出でしたけど、レントゲン写真まで行って、ぁぁ(゜∀゜)ナットク!それで楽器購入の軍資金ゲット→おんぼろ楽器の修理辺りまでは一連ずっと笑わせてもらいました。
 あとラストはちょっとしたライブに行った気分になります。映画館じゃなかったら立ち上がってリズムとってるところです。つま先辺りを動かすだけに抑えましたけど ^^;
と盛り上がったところで終わるので後味もすごくいいです。もう一回見にいこうと思う気になりますね

 コメディな部分と誰もが聞いたことのある曲、あと役者の力によるものだと思いますけど、随時どこからかくすくす笑い声が聞こえる、そんな常に観客を飽きさせない映画です

 ところでスイングガールズ アンド ア ボーイ の役者は誰一人として知りませんでした。つうか調べたらオーディションなんですね。主人公とドラムがオススメです(ってなにがだろう...)
 あとはベースの山本由香役の水田芙美子。この娘は名前チェキりました。でもあのロックな感じが好きなんですけど、普段はそういうイメージでは売ってそうにないのが残念。

 ああ、そうそう。曲名を覚えることが苦手な僕には、聴いたことはあるけどなんていう曲だろう、というものばかりでした。曲名がわかるのは『A列車で行こう』『インザムード』くらいなので、別にジャズをバカにしているとかそういうイメージは全然持たなかったです。サントラ、TSUTAYAで借りようかな
posted by なす at 01:48| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。